もどる

波瀾万丈!マイカー歴(シトロエン C5のページ・2年目後半)

2年目後半 2004/2 2004/3 2004/5 2004/6 2004/7


C5…3年目前半のページ 2004/8 〜 2004/10 へ

C5…2年目前半のページ 2003/7 〜 2004/12 へ


シトロエン・ C5 ( 2004年7月まで)
    
V6エクスクルーシブ(ベールギャラン色)

2004年2月6日朝「ANTIPOLLUTION FAULT」の表示が点灯。マニュアルを見ると「至急!サービスへ!」とりあえず職場に着き安静待機。午後6時過ぎにエンジン始動で再確認。その足で, シトロエン宮前に直行。内部コンピュータにも触媒関係のトラブル記録有りとのことで,即時入院を勧められる。が・・・土日を挟みパーツ発注 修理で火曜までかかるとのこと。火曜までは何事もないことを祈りつつコンピュータリセットのみで帰宅。一応,表示は消える。(ついでにWASHERの方も消えてしまう。)

症状

画像

現時点での回答

ANTIPOLLUTION  FAULT」の表示が出る。

この表示は「至急!サービスへ」というもの 。MLではリセット・放置すれば大丈夫という書き込みと,触媒・イグナイター系トラブルという書き込みあり。
1週間前からエンジン回転異常も感じていたので,後者の可能性大と判断。

2月7日。上記FAULTは気になりつつも,ブレーキ鳴きの件でK−FACTORYに予約を入れていたので,調整に出発。リアだけと思っていたブレーキ鳴きが,バック時のフロントでも出ていることが判明して,結局作業時間2時間弱。親切な対応で無償対応して頂 いた。(しかし,C5はどうしてこんなにブレーキ鳴きが起こるのだろう・・・パッドの問題ではなく構造上の問題なのだろうか・・・)

2月8日〜13日。「ANTIPOLLUTION FAULT」の件でシトロエン宮前に入院。プラグやイグナイター等トラブルの可能性高いとのことでパーツを取り寄せたようだが,シトロエン・ジャポン本隊から「可能性だけでパーツ交換はしない」旨の通達があった模様。結局,コンピュータ・リセットのみで終了した。確かにその後エラー表示は出なくなり,走りも正常に戻る。結局「O2センサー異常」という結論に至った。

TOPへもどる


月12日。自宅まであと数十メートルという信号無し交差点で,右折車の後ろについて停車したところ,後方から軽自動車に追突される。確認するとC5側はほとんど傷がないが,少々首が痛む。真後ろから追突されたため一旦バンパーが衝撃を吸収して戻ってしまったらしい。翌日,病院で全治10日頸椎捻挫と診断。C5の方もよく見ると小さな傷とバンパーのズレを確認し,後日保険修理予定。廃車になった2台のXantia事故に次いで,3回目の後方からの追突事故・・・やはりお祓いが必要だと周りから言われている・・・

3月26日。3月上旬から再度ブレーキ鳴き発生。K−FACTORYに 連絡すると,前回調整から1ヶ月しか経っていないのでパッド側の問題ではなく,ロータ研磨をするしかないだろうとのこと。仕事が一段落するこの日に予約を入れる。到着するとKRANZからの営業マンも来ていて,左フロントと右リア のキーというブレーキ鳴きを確認。シトロエン・ジャポンからKRANZにC5ブレーキ鳴き対応依頼が出 ているらしいことが判明。私のC5が調査第1号になっているらしい。結局 ,ロータ研磨はせず,清掃・グリス塗布で(聞き忘れたが,なにやらブレーキパットに合わせて紙のような物を裁断していた・・・もしかしたらメタルスキーか?今度聞いてみ る。)様子を見ることになる。今回も親切な対応で無償対応

3月28日。しかし,トラブルが続くときは続くもので・・・今日突然アクセルペダルの異常が起こる。信号でブレーキをかけて止まったときに,なにやら小さくバキッという音と振動。嫌な感じはしたがブレーキは正常。そのまま走ろうとするとアクセルの踏み加減に違和感を感じる。停車して調べると,アクセルの遊びが異常に大きくなって踏み込みが少ししかできない状態になっていた。慣れてしまえば普通に運転できるだが,シトロエン宮前に飛び込み。今日の段階では,異常は確認したが資料不足(アクセル・ブレーキ関係のパーツリストがない)とのことで,明日再点検の予定。

月30日。12日の事故部分の修理と28日に発生したアクセルペダルの異常を合わせて修理。また,どうせ修理に出すのだから,自分で傷つけたトランク部分の修理も依頼(もちろんこの部分は自腹)4月8日に帰還。

作業内容 修理内容 費用 感想・備考
アクセルペダル位置不良
調整修理
アクセルケーブル交換
EUCアクセルペダル初期化
クレーム修理 最初に気付いたときは,運転していて大丈夫か不安だったが,アクセル・エンジンそのものは正常なことが確認できたので一安心。
トランクリッド付属品 エンブレムCITROEN
C5V6 ダブルシェブロン
合計4840円 板金塗装は別料金。4種類のエンブレム合計でこの価格。ちょっと高い・・・

TOPへもどる


月8日。 ちょうどシトロエン宮前からキャンペーン案内が来ていたので, 昨年夏頃から気になっていた エアコン異臭対策ポーレンフィルターの交換を行う。C5MLでも話題になっていて,これもC5特有の問題らしい。エンジンをかけたときに洗濯物の生乾きのような異臭がするので,除菌消臭スプレーを始動前に吸気口附近に噴射するなどして対応していた。エアコンオフやECOのときに臭いがひどく,エアコンが完全に動作しているときは臭わないことから,ポーレンフィルターの問題ではない可能性もある。

作業内容 画像 費用 感想・備考
ポーレンフィルター交換 フィルター4336円
(キャンペーン価格)
技術料  800円
ショールームで雑談しているうちに作業終了。フィルターは真っ黒。横浜を走るには1年に1回は交換が必要と実感。
作業終了直後にシルバーの川崎ナンバーC5も同じ作業で入庫。やはり気にしている人は多いのだろう。

TOPへもどる


月31日。 1週間ほど前から、ブレーキを踏むと「カツン」という音が目立つようになる。ついに我慢ができなくなってこの日に点検。以下シトロエン宮前より報告。
【リヤブレーキパッド外し、左右でパッドか違う。右はパッド裏金にシムが付いているものが2枚、左はなしが2枚。またパッドとキャリパーの隙間があるための異音と思われます。左右でパッドを一枚入れ替え、パッド当たりを修正、グリスアップ組み付け直しをしました。現在音は消えていると思いますがグリスがなくなると再発すると思われます。】
 2度目のK−FACTORYでのパッド交換調整のときに、右リアのブレーキ鳴きが激しいので補強するという話しがあったので、その際にこのような変な取り付け方をしたものと思われる。K−FACTORYに連絡をとるとすぐに見るのでスケジュール調整をということになる。(・・・が、7月現在そのまま・・・)

TOPへもどる


月。 朝いつものように職場で青空駐車、気温35度以上の炎天下にさらされ続けて夕方にもどると、運転席ウィンドーの動きがおかしい。 下げるときにはオートが効かず、何度もボタン操作しないと下がらない。また、上げるときに最上部まで達すると「ガガガガ」とモーターが異常音を発する。数日我慢して、部品が入庫したシトロエン宮前に持ち込み。モーターとセンサーの交換調整を行う。

 2週間後、同様の症状が再発。この日も猛暑だったので、熱に弱いのかも。2年点検が近いので、同時に修理することにして、また数日間我慢。

月25日。 走行距離22000キロで2年点検を受ける。特に不調箇所はなく、タイヤローテーション、エンジンオイル交換等の通常の整備点検作業で終える。同時に再発していたパワーウィンド異常の調整を行う。整備の方でも、前回と同じ調整修理しかできないので再々発の可能性もあるとのこと。

 また、点検でコンピュータリセットをしたせいであろうか。「TOP UP WASHER FLUID」の表示が出る。昨年11月と同じで、ウォッシャー液は満タン状態でも表示は消えない。

症状

画像

現時点での回答

TOP UP WASHER FLUID」の表示が出る。

表示自体は「ウォッシャー液が切れた」という単純なものだが,補充しても消えなくなってしまう。

TOPへもどる


カーナビ背景C5バージョン

C5…さらばシトロエンC5(2004/11〜2005/3)へジャンプ

C5…3年目前半(2004/8〜2004/10)へジャンプ

C5…2年目前半(2003/7〜2003/12)へジャンプ

C5…1年目(2002/7〜2003/7)へジャンプ

XANTIA時代(1996/2 〜 2002/7)へジャンプ


もどる