もどる

波瀾万丈!マイカー歴( さらば!シトロエン C5のページ)

3年目 2004/11 2004/12 2005/1 2005/2 2005/3 2005/last


C5…3年目前半のページ 2004/8 〜 2004/10 へ


シトロエン・ C5 (2004年11月〜2005年3月)
    
V6エクスクルーシブ(ベールギャラン色)

2004年11月

11月28日。NewC5が発表されて MLでも話題になっていた。妻が仕事でいなかったため、2人の息子を連れて有明に遊びに行った。目的は、 実はシトロエンではなくニンテンドーのDSを発売前体験すること。目的を達して子どもたちも満足した後で周りを見ると、そこにはシトロエン有明ショールームが。NewC5が展示されているかもと思い立ち寄ると、残念! 来週の予定とのことだった。

クサララリーカー。有明ショールームはさすがにシトロエングッズが多かった。子どもたちがミニカーに目を付けて釘付けになってしまった。しかたなく、Xsaraラリーカーを買った。しかも喧嘩にならないように2台。私は私で、使うかどうか分からないが真っ赤なシトロエンマーク入りのハンドタオルを購入した。

NewC5現車確認。折角、有明に来たのだからテクニカルセンターに寄って 、閉まらなくなっていたトレイを見てもらった。空いていたのですぐに見てもらえて、ちょこちょこっといじったら治ってしまった。こちらの方が、いろいろなシトロエン車が入庫していて面白い。ふと、ガラス窓の中を見ると、そこには見慣れたサイドビューのC5が・・・でも何か違う。よく見るとNewC5。来週の公開に向けて整備・おめかし中のようだった。ファーストインプレッションは「なかなか格好良い」。インターネット画像で見ていた印象よりぜんぜん良かった。

TOPへもどる

2004年12月

12月5日。前日とこの日がNewC5正式お披露目の日。長男がキーホルダーを欲しがっていた。次男はへへマークやシトロエンロゴをを見るとまだ片言しか話せないのに「シトゥルェン」と言って喜ぶので、ファミリードライブがてらにNewC5見 に行った。2.0の試乗もしたが、やはりかなり良い。中身はほとんど変わっていないはずなのに不思議だ。アイシン製6速オートマチックになったV6はもっと期待できるかも。妻からも「精悍な感じで良い」との言葉が出た。

右ハンドル車の宿命。好評のNewC5に、一つだけ変なことを発見してしまった。大したことないのだが、エンジンルームオープナーの場所が助手席側だった。右ハンドル移設費用節約で右ハンドル用に移植をしなかったよう だ。このとき以前聞いた話を思い出した。シトロエンはマツダと提携していた時期(エグザンティア中期・・・私はこのころエグザンティアを買った)は、マツダの要請を受けて本気で右ハンドル対応をしていたので故障も少なかった。しかし、新西武時期(エグザンティア後期〜C5初期)の右ハンドル車は、原因不明の故障が増えたと言うことだ。真実は分からないが・・・シトロエン・ジャポンになって大丈夫だろうと思っていたのにちょっと残念だった。

簡易査定。それでもNewC5への関心は高かったので、ものは試しで自車の簡易査定をした。2年半/26000キロで2*0万円・・・ 新車価格の約50%。国産車にはもちろん及ばないが、まあ妥当なところだろうと思った(後日談:甘かった・・・これはNewC5乗り換え特別査定だった)。予想通りの査定は出たが、V6新車購入には、まだ200万円は足りない。この価格差でNewC5に買い換えるのはちょっとためらう。買い換えは止めて、現C5に乗り続けることにした。

TOPへもどる

2005年1月

ミニバン・レンタカー。毎年、夏休みと年末年始は両家のじいちゃんばあちゃんとそれぞれ伊豆や房総などの温泉宿に泊まりに行くことにしている。そうなると乗車人数は6人。C5には乗れなくなってしまう。2003年の正月はチャイルドシートをはずして、0歳の次男を抱っこしてC5に乗り込んだ(定員オーバー・・・)。しかし、2004年の正月には、さすがに抱っこは無理になったのでレンタカーでオデッセイを借りて出かけた。そして、2004年夏と今回は、アルファードに乗って出かけた。年に数回の旅行のために、C5からミニバンに乗り換える気にはならないからだ。

転勤???。1月4日、休暇を取って伊豆の旅館でくつろいでいると、携帯に連絡が入った。4月に同じ市内ではあるが転勤する可能性が高まった。次の職場の場所によっては車通勤はできなくなるかもしれない・・・。

転勤内定!!!。1月下旬、転勤内示が出て、駅前の職場に内定した。渋滞市街地を車で通勤するよりも電車通勤の方が圧倒的に早いところだ。今までのように毎日C5で通勤という可能性はなくなった。ということは、4月からの車使用は土日や長期休暇でのファミリーユースがほとんどということになる。7月に迫ってきた車検も含めて、車の買い換えを視野に入れた。

ミニバン・・・?!。車を買い換えると言っても現C5から換えたいと思う車はNewC5しかなかった。しかし、それはセダンタイプの話だ。今回は7人乗りが検討車だが、どんな車があるのかもよく知らない世界だ。アルファードが家族には大好評だったので、それでいいかとも思ったが、自宅車庫には高さ制限があって入らないことが分かった(よかった・・・)。車高が1800mm以下で7人が快適に乗れる車。しかも私の車への思いを満たす車(それはミニバンかSUVと言われるジャンル)を探し始めた。

TOPへもどる


2005年2月

ブログ開設。納得できるミニバン&SUV探しの様子を、自分の日記として残すことにした。それには、流行のブログにする方が簡単だと思い、 Niftyのココログも試したがどうも使いにくいので、以前からIDを持っているYahooに開設した。C5以外の情報はこちらに掲載する。http://blogs.yahoo.co.jp/ex_exan

Yahoo!ブログ

(Yahooブログが遅いため、エキサイトブログに引っ越しました。http://espace4.exblog.jp/

TOPへもどる

2005年3月

ルノー・エスパス。1ヶ月に渡り、国産車から並行輸入車までインターネットや雑誌・カタログで情報を集めまくり、土日には C5に乗っていろいろなディーラー・ショップに家族で試乗に出かけるという生活が続いた。 ちなみに、C5で乗り付けたときのディーラー対応は真っ二つに分かれておもしろかった。国産車ディーラーは、なんだこの家族はという感じで見られて、あまり強い売り込みがないまま終わった。輸入車ディーラーは、ブランド力やアフターケア、さらに値引きも前面に出して、かなり本気で売り込みに来た。しかし、C5と同等程度の装備・乗り心地・プレミアム感のあるミニバンなんてそんじょそこらには転がっていない。詳しくは上記ブログに譲るが、結局辿り着いたのは並行輸入フランス製ミニバンだった。

もちろん、シトロエンC8(左)が有力候補だったのだが、運命はルノー・エスパス(中央)を選ばせた。

驚きの低査定。ミニバン探しの過程で、C5の簡易査定をいくつものディーラー/ショップで行った。レッドブックがベースになるので、どこも顔を曇らせながら・・・ほとんど同じことを言ってきた。新車価格のなんと25%程度!最初の店では、冗談でしょと顔が引きつった。ちなみにCMで有名な買い取りセンターでも当然ほとんど同じだった。

一般査定感覚の麻痺。思い起こすと、1代目エグザンティアは3年半で廃車時のレッドブック価格が新車価格の約30%。国産車に比べると低いが、 当時はマツダ提携もあって、まあ妥当かなとも思った。2代目エグザンティアは新西武物の1年落ちで60%程度しか出なかったので、中古車と引き替えた。3台目エグザンティアはC5への乗り換えだったので、値引き込みのかなり破格?で新車価格の50%近かった。シトロエン正規ディーラーでの買い換えが続いていたので、感覚が麻痺してしまっていた。あるショップでだめ押しのような一言があった。「C5だったら、後期型のV6エグザンティアの方が高く取れますよ。」と・・・。

査定三重苦!私の車は、「シトロエン」「不人気C5」「変わった色」と三拍子そろっていた。これでは査定が低いのは無理もないが、それにしても・・・。オークションなどで個人売買をすることも考えたが、もうあきらめて投げ売り気分でショップ提示金額を受け入れて下取りに出すことにした。良い買い手がついてくれることを願っている。あれだけの装備と乗り心地を持っていて、おそらくお手頃価格で出てくるC5は、絶対お得な中古車だと思う。でも、その価値が分かるのは乗っていた人だけかもしれない・・・

TOPへもどる

2005年3月20日

NewC5遭遇。夕刻、自宅近くのガソリンスタンドに行った。給油しながらふと周りを見ると、洗車待ちしている1台の車が目にとまった。もしや・・・と思っていると、スタンドの係員が運転して我C5の横を通り抜けた。シルバー(グリオラジュー?)の川崎ナンバーNewC5だった。 3年近くC5に乗っているが、ディーラーとオフミ以外で他のC5と並んだのは初めてのことだった。あと1週間に迫ったC5との別れを惜しむかのようだった。

TOPへもどる

2005年3月21日

みなとみらいにて。今まで北海道など観光地では写真を撮ってこのサイトにも掲載してきたC5だが、実は地元横浜では撮っていなかった。いつでも撮れるという思いから何度行っても撮影はしなかったからだ。おそらくC5での最後のファミリードライブとなるこの日、横浜みなとみらいに出かけた。赤レンガ倉庫の駐車場に10分待ちで入ると、ちょ うどよいポジションが空いたので、すかさず入って携帯カメラで撮影した。ランドマーク方向はハレーション?のためうまく撮影できなかったが、インターコンチネンタルホテル方向と赤レンガ倉庫方向は よい記念となった。

インターコンチネンタルホテルをバックに

赤れんが倉庫を
バックに

ランドマークタワーを
バックに

TOPへもどる

2005年3月31日

3年間ありがとう・・・。エスパスのカーナビ取り付けに手間取り、この日までC5に乗ることになった。年度末で休暇を取って、午前中にはC5に載せていたものを取り外した。エスパスは1時の納車。取り扱い説明を受け、いよいよC5との別れのときが来た。隣の駐車場を借りて最後の記念撮影をした。

今までエスパスは、ルノー顔で日産車に似ているかなと思っていたが、こうして並んでみるとC5と印象が似ている。やっぱりこれがフランス車のテイストなんだと思った。

さらば!C5!

TOPへもどる

2005年4月13日

登録変更・・・。ディーラーから1通の手紙が届く。中には車検証のコピーが一枚。よく見るとC5の登録変更が行われたことを示す物だった。この日書類上でもC5は私の手から離れてしまった。

本当に今までありがとう。


カーナビ背景C5バージョン

C5…3年目前半(2004/8〜2004/10)へジャンプ

C5…2年目後半(2004/1〜2004/7)へジャンプ

C5…2年目前半(2003/8〜2003/12)へジャンプ

C5…1年目(2002/7〜2003/7)へジャンプ

XANTIA時代(1996/2 〜 2002/7)へジャンプ


もどる